おのくんと。銀の雫

悪臭、ゴミ退治ができちゃう魔法の液  おのくんの銀の雫

〜家族で環境について考える消臭水〜

なぜ、悪臭、ゴミ退治ができちゃう魔法の液なのか?

 

生ゴミの匂いがあっというまに?

こどもがなめちゃっても安全だから

なんでだろってことが楽しい考える時間になる

それが家族で環境について考える消臭液

悪臭、ゴミ退治が出来る魔法の液  おのくんの銀の雫

 

 

 

こどもたちに環境について考えてほしい

【銀の雫開発の経緯】

福岡市魚市場より市場の臭いを何とかしたいという相談がありました。当時、魚の腐敗臭がひどく、

常時カラスが群れを成すような状況でした。そこで、九州大学と共に、臭いの素となる物質を分解

するためには、消化と同じ仕組みを再現できたらよいのではないかという発想で、研究を重ね、

当時では全く新しい発想であった微生物を使った消臭方法を考案しました

 

元祖無農薬農業 酵素の力 「銀の雫」20種 環境大臣賞受賞

【福岡市長浜鮮魚市場 】での使用実績

平成12年より市場内の魚の臭いを消すために銀の雫を使用中。噴霧器により定期的に空中噴霧することで、市場内の臭いを抑えています。カラスが群れを成していた市場には、現在カラスの存在はなく、今では市場で催事が行われるようになり、たくさんの人が訪れる場所になっています。

 

福岡市長浜鮮魚市場:福岡県福岡市中央区長浜

福岡市長浜鮮魚市場.png

【庄山農園】での使用実績

うきは市にある養豚場です。飼育方法・環境にこだわったオリジナルブランドの豚を飼育し、しゃぶしゃぶ料理店・ソーセージなどの加工食品を手掛けられています。

養豚場の隣には民家もあり、臭いの対策には神経を使われていましたが、毎日大量に発生する糞尿の処理には手を焼かれていました。豚が飼育されている豚舎内にも一定量の銀の雫を空中噴霧しており、豚の生活環境を改善させています。また、し尿を溜めるための30tのエアレーション付プールに一定量の銀の雫を投入することにより大きく臭いの問題を改善し、液肥としてみかん畑に使用されています。

庄山農場:福岡県うきは市吉井町千年

庄山農場.png

【日置市 リサイクルセンター(株)

丸山喜之助商店 】での使用実績

市から委託されている生ごみ処理を手掛けています。日置市役所と一緒に進める独自の仕組みで分別回収された生ごみを粉砕処理した際に、一定量の銀の雫を投入し撹拌しています。そのまま数日間切り返しをしながら発酵させることで堆肥化させています。毎日回収される生ごみは3~4t。センター処理場には悪臭はなく、従業員の職場環境改善にも大きく役立っています。

 

丸山喜之助商店:鹿児島県日置市伊集院町

丸山喜之助商店.png

【環境ワークショップ】

環境ワークショップを

 でっかいおのくんといっしょにやってみよう!

山、川、海、空、土をテーマにして、学びの場をつくっていきます。

・ 日々の生活と環境をつなぐ。

・ 自宅でできる環境活動とアクションシート

  (環境省 エコクラブと協働)

・ 食べ物はどこからくるのか?

  農漁・食を考える環境ツアー

・ 環境に優しいものを考え、行動する

  【消臭剤などを試してみる】

・3R活動

  Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)

 

・終了したら、おのくん「環境」親善大使の缶バッチがもらえるよ。

おのくんと。かんきょう親善大使をめざそう!

おのくんと。環境

悪臭、ゴミ退治が出来る魔法の液  おのくんの銀の雫

 

ただいま

新しいコミュニティネットワーク

新しい流通の仕組み

絵本を使ったワークショップも考案中